Blossomjiji

幸せな気持ちが自分の前向きな行動や言動につながり、周囲にもポジティブに伝播していくーーそんな服を追求し、服づくりに真摯に向き合うブランドがあります。

Blossom jiji(ブロッサムジジ)は、人々にとって行動の原点となる意識レベル(SQ)を上げ、一人ひとりの人生をポジティブにするきっかけを生み出す服を製作しています。“着るだけで愛になる”をコンセプトとするミセス向けのファッションブランド「Blossom jiji」デザイナーの福守博子さんにお話を伺いました。女性向けファッションを展開する根底には何があるのか、またブランドを通じて何を目指していくのでしょうか。稼業の技術力と長年培ったデザイナーとしての経験を融合させ動き出した、新たなブランドの目指す先をぜひご覧ください。

家業のランジェリー縫製技術を生かす

実家の稼業は、福守株式会社というインナーウェアやフォーマルウェアーのメーカーを営んでいます。つくり酒屋を営んでいた稼業を、父が繊維業界に鞍替えさせ、肌着やランジェリーなどに使用される生地編物(トリコット)の専業メーカーとして創業したことから始まります。次第に縫製を行うようになり、1962年(昭和37年)に福守株式会社として設立した数年後に、ランジェリー縫製業に一本化して現在に続いています。

会社のある桐生市や佐野市などの足利地区といわれるエリアは、織物やランジェリー縫製、染色加工といった他業種が集積する複合産地といわれてきました。会社が誕生した頃、インナーウェアやランジェリーは実用性が重視とされる風潮の中、会社は古くからそれらをファッションと捉え製造・販売を行ってきました。デザイナーはファッションの流行を掴むためヨーロッパに足繁く通っていたと、博子さんは先代の社長から当時の様子を聞いていました。

日本人のニーズや志向に合うデザインやファッション性が評価され、一時期はネグリジェやスリップの製造で全国でも5%を占める製造を行っていました。現在は10名ほどの縫製職人が福守で活躍していて、さまざまなジャケットインやボレロ、スカートが企画・製造されています。

福守では「ランジェリーやナイトウェアは女性らしさを引き出し、ファッションとして大切にされるものであってほしい」という願いを込めて服づくりが行われてきました。会社の想いが博子さんの中に根付いていたのかもしれません。社会人となり、気づけば自身もファッション業界に身を置いていました。有名な某化粧品メーカーの繊維部門に勤めた後、自社のシルクの高級ランジェリー製作に携わっていました。デザイナーとしてさまざまな経験を経て、現在、博子さんは福守でデザイナーとして企画・製造を行っています。

インフォーマルの服「Blossom jiji」

博子さんのブランド立ち上げの原点は、母である先代の社長が作ったオリジナルブランドの「Blossom(ブロッサム)」です。インナーウェアとアウターウェアの境界を超えて、ブラックチュールを使用したキャミソールやスリップなどを製作しています。母はブランド名に「桜の花のように、女性が上品で華やかになる服を届けたい」という想いを込めて「Blossom」というブランド名にしました。博子さんは、そんな母の意思も受け継ぎながらエレガントで繊細な服を世の女性に着てもらえるよう「花咲かじいさんが、桜の花を見事に咲かせる」をイメージして「Blossom jiji」と名付けました。日本では数少ないストレッチレースの縫製技術を生かし、女性がビジネスでもパーティーでも活用できる便利で着心地の良い服を作っています。ビジネスとフォーマルの中間にあたる“インフォーマル”というジャンルの服。堅苦しさや形式に捉われない服を提供しています。

服を通して、人々を幸せにしたい

Blossom jijiは「着るだけで愛になる」というコンセプトのもと服づくりが行われています。このコンセプトには、「まず自分自身が愛に満ち溢れた状態であってほしいという願いを込められています」と博子さんはいいます。「無償の愛」といった言葉にあるような誰かに与えることだけが愛ではないという考え方を持ち、「自分自身が愛に溢れていたら、きっと見返りを求めるような考えや嫉妬心といったネガティブな考えは生まれないのでは」と考えています。

博子さんは一人ひとりの女性がそれぞれの道を切り拓き、輝いた毎日を過ごすことで笑顔や愛に溢れた世の中をつくり出していってほしいと願っています。そう思う中で、女性たちが輝く手段のひとつが服なのではないかと思っています。博子さんは、会社が培ってきた縫製技術と自身のデザイナーとしての経験を生かした服づくりを行い、服を着るだけで女性たちの意識が高まったり、気分が上がっていく……そんな服をつくりたかったのです。

また、きっかけはアメリカの精神科医であるデヴィッド・R・ホーキンズ博士が提唱している意識レベルの理論に感銘を受けたこともコンセプトに「愛」を盛り込んだ理由のひとつだといいます。「人の意識にはレベルがある」と提唱するもので、人間には“意識”があり、それぞれに固有のレベル数があると科学的に証明し提唱しているものです。

例えば、自分が「勇気」のある状態のレベルにいると指数は200、「愛」のある状態だと指数が500ーーというように意識の状態が数値化されていて、この数値が高くなっていくと人間の感情や行動の安定につながっていくとされています。意識レベルの理論は、こういった意識のレベルを数値に表すことを証明したもので、デヴィッド・R・ホーキンズ博士の著書に記載されています。

「最初は何のことなのか理解するまでに時間がかかりましたが(笑)。この理論に出会ったときに、私の中で意識レベルでいう『愛』というところに到達し、自分自身が幸せを感じられる服を女性に届けられたならば、より生き生きとした日々になり、一人ひとりが身近なことや世の中に対してもポジティブに活動することができるのではないかと思ったんです。新しい服の可能性やお客様に対するアプローチ方法を見出せると思いました」。

大切な技術を守っていきたい

さらに、博子さんは家業の縫製技術を守っていきたいという思いでブランドを展開しています。ランジェリー縫製などで使用されてきたレースという素材は、そのものは糸をひねり合わせたり、組み合わせたりして網状の透かし模様につくられる非常に繊細なもの。特にストレッチレースという伸縮性のある素材は、2枚重ねて縫製をしようとすると伸び縮みするのでとても難しく、特性を理解しながら縫い合わせる高い技術力が必要です。創業以来、ランジェリーを中心に製造をしてきた福守には熟練した技術を持つ縫製職人がいます。

「心地よい服には、つくり手のさまざまな想いや技術が詰まっています。多くの方にBlossom jijiの服を楽しんでいただくことができたら、職人たちにとっても、モチベーションにつながり、技術を残していくことにつながっていきます。近年は縫製職人の高齢化や減少が進み、悩ましい状況が続いていますが、私は、今に続くこの素晴らしい技術を守っていきたいのです」。

博子さんは着る人のライフスタイルや着心地にこだわるだけではなく、つくり手たちの高い技術力を守ることでこれからも素晴らしい服を世の中に届けていこうとしています。

ストレッチレースを生かした、着心地のよい服

Blossom jijiの服に使用するストレッチレースという素材は、しなやかで伸びが良いというのが特徴。女性にとって着心地の良い服を考えたときに、ストレッチレースは非常に優れている素材だと考え、Blossom jijiは日本で作られているレースメーカーの生地を採用しています。

「ストレッチという言葉の通り伸縮性のある糸で編まれてできた生地は、日々を忙しく過ごしている女性たちが悩むことなくサッと手に取り、気軽に着用いただける服になっています」と服の魅力を話す博子さん。

Blossom jijiのストレッチレースは、バラやツバキの花の模様になっています。お花には花言葉がありますが、バラは「情熱」や「愛情」「幸福」、日本原産のツバキには「至上の愛らしさ」や「控えめな愛」といった愛にまつわる花言葉があります。着たときに華やかさや上品さを演出する服であるだけでなく、コンセプトにもある「愛」を感じられる服になっています。

また、「女性の服に対する要望の中には、お手入れや脱着のしやすさ、身体のラインが綺麗に見えるもの、肌触りの良いものなどを求められることが多くあります」と話す博子さん。ストレッチレースを活用した服は、そんな女性の希望を叶えることができる服です。

ポイント1 着脱しやすい!

ファスナーがないので、脱ぎ着が簡単。なめらかな肌ざわりでスッと着ることができます。

ポイント2 シワが気にならない!

キレイな服で出張や旅行も楽しみたいけど、持っていってシワになるのがちょっと心配……と思う方もいるでしょう。Blossom jijiの服は、折りたたんでカバンやスーツケースに収納しても、お召しになる数時間前にハンガーにかけていただければ自然とシワが落ちますので、心配いりません。

ポイント3 立ったり、座ったりが楽にできる!

お仕事でも、プライベートでもどんな場面でも着心地がよく、楽に立ったり座ったりという行動ができるのでストレスがありません。

女性の社会進出が進み、生き方や働き方も多様化してきました。「私はファッションデザイナーとしてこれまで培ってきた経験を生かし、社会で活躍し頑張る女性たちを少しでも後押しすることができればと考えています」と博子さんはいいます。服を着るだけで、一人の女性が「生き生きとした働き方」や生き方につながっていくような幸せになる服を、これからも届けていこうとしています。


ーパーソナルスタイリストAkki’s EYEー

全国1万人以上のスタイリング&ブランディング経験。

第一印象を変え、気持ちまで変わると好評のパーソナルスタイリスト。

ファストファッション〜ラグジュアリーブランド、10代〜70代まで、皆さんのお洋服のお悩みにお応えします。あなたらしい、お洋服を見つけるヒントに。

(Akki)

こちらが博子さんで30年前に発売していたランジェリーですか?すっごく可愛いです♡最先端…とても素敵ですね!

(Blossom jiji 福守博子さん)

そうなんです、西洋からの波に乗って、とてもムードがある時代だったんです。映画に出てくるようなピンクのひらひらのネグリジェや、ワンピースのインナーとしてのスリップなどが流行で。スリップに関しては当時、日本の市場の5%のシェアを持っていました。そしてその後は、ジャケットのインナー製作に移行していきました。

(Akki)

最近は”ラク”や”安い”という言葉を理由に、「見えない部分は何を着てもいい!」もしくは、カップ付きのインナーウェアを着用する方も多いですが・・やっぱり、そして、インナーウェアなど見えない部分のオシャレにこだわっていると、もしものことがあった時も、すぐに対応できますね!(笑)あっ、自信がもてますね!そして、程よい品の良さを醸し出すことができるレースって女性の多くが1度は着用したことがあると思うんです。 レース大好きです!(笑)とくにこちらは着心地が良く、素敵ですね。

(Blossom jiji 福守博子さん)

そうなんです。スーツのインナーも素敵に、また上品なワンピースを、気軽に着てほしい。通常のレースと比べ、ストレッチレースは伸縮性があり、 座ったり立ったりも、とっても楽なんですよ。また、ファスナーがないので脱ぎ気が簡単なのもポイントです。

(Akki)

それはありがたいです!お仕事や、パーティの時も、ヒールを履いて動いていると、ただでさえ疲れてしまうことも多いので・・ワンピースが楽だと、お食事の時も、遠慮なくたくさん食べれますね(笑)。

(Blossom jiji 福守博子さん)

それこそパーティーや結婚式、入学式や卒業式など、大事なシーンでも気軽に上品にお召しいただけると嬉しいです。

(Akki)

旅行での移動やお食事の時も、ストレッチレースだと、シワが気にならないですね!

(Blossom jiji 福守博子さん)

そうなんです。折りたたんで収納していただいても、お召しになる数時間前に、ハンガーにかけていただくと自然にシワが落ちます。また座りじわなども気にならないんです。

(Akki)

縫製をする上で”レース”というのは非常に繊細なイメージがあるのですが、 ストレッチレースを使用するとなると、 伸縮性レースとレース2枚を縫い合わせがありますよね。高い技術を要すると思うのですが、縫製の技術者であれば作業はできるものなのですか?

(Blossom jiji 福守博子さん)

日本でも限られた縫製技術者しか対応ができないんです。日本の縫製技術は海外でも一目置かれるものとして認識しております。最近は中国の縫製技術も注目はされていましたが、家業の縫製技術を生かしてワンピースを作りたいと思いました。

(Akki)

確かに日本の検品(モノづくりの最終工程)も優れているので、国内外から多数の依頼があると聞いたことがあります。細部まで丁寧に作りあげる日本の技術は誇らしいですし、際立つところですね。

(Blossom jiji 福守博子さん)

現在、職人と呼ばれる技術者は年々、減少しています。そんな中でも縫製技術がしっかりとした、また着心地の良いワンピースを皆さまに届けたいと思っています。

(Akki)

本当に素敵です。最後に、こちらのレースは花柄のデザインでしょうか?こちらの柄にこだわられたのにも何か理由はありますか?

(Blossom jiji 福守博子さん)

バラや椿など、植物の周波数は、特に女性に元気を与えてくれます。服をお召しいただくだけで、一人でも多くの女性が笑顔だとHAPPYですよね。

(Akki)

早速、クリアのサンダルや、華やかなピンクやブルーのパンプスと合わせたいです♡ありがとうございました。

Interviewer_Akki/Writer_Asuka/Photographer_Maririn、Daiki