JOURNEY FACTORY

みなさんは『デニムを育てる』という言葉を耳にしたことはあるでしょうか。デニムには、時間をかけ自分の好みの風合いに変化させることができる魅力があります。そんなデニムの魅力を生かし、東京都北区でリメイク・リペア専門店を営む「JOURNEY FACTORY」代表の重本洋介さん

デニム発祥の地、岡山県倉敷市児島で縫製工房経験やアパレルブランドの営業職を経て、同社を設立し、著名人をはじめ多くの人たちのデニムの相談をカタチにしてきました。これまでリメイクやリペアに携わった数は実に10,000本を超えるのだそう。日本だけにとどまらず世界中の生地を見てきた重本さんは、あらゆる生地で洋服をつくりたいという思いを抱いています。リメイクのプロは、一つひとつのデニムの依頼にどのように向き合っているのでしょうか。

デニムで有名な岡山県で縫製を学ぶ

重本さんは、高校時代から自分のほしい服がないと感じ、将来的に独立して縫製の仕事をしたいという思いを抱いていました。自分で学費を支払いながら通うことができる服飾の学校を探していたとき、岡山県倉敷市の児島という地域にある倉敷市立大学の服飾美術学科を知り、進学しました。

児島というエリアは、国内のデニム発祥の地として知られている地域でした。大学時代、デニム工場を見学する機会があり、そこから重本さんはデニムの世界に興味を抱くようになりました。卒業後は、児島にあるデニムの縫製会社に就職。その工房でリメイクやリペアを通して、縫製技術を身につけていきました。生地や糸の特性、服づくり全体を理解できたことにより自ら服をつくることが可能になりました。

縫製技術を約3年間学んだのち、2014年にモノづくりにこだわりのある日本のアパレルブランドに転職しました。独立に向け、今度は営業力をつけたいと思ったためでした。ここで、重本さんは仕事を通してファッション業界の流れやブランドの動向を学ぶ傍ら、プライベートの時間を使って知人の服のお直しなどを細々と続けていました。

その後仕事が多忙になるにつれ、自分でものづくりをしていたいという思いが強くなった重本さんは、退職。2015年、縫製技術と営業経験を生かしてデニムを中心としたリメイクやリペアの専門店「JOURNEY FACTORY」を立ち上げました。

リメイク職人は、生地が好き

デニムのリメイクやリペアの高い技術力を持つ重本さんですが、特にデニム好きというわけではなかったのだそう。それよりも洋服の印象を左右する「生地」に魅力を感じていたといいます。「旅行をするのが好きなので、海外旅行に行くといつも赤や茶、青色の生地を見たり、服やアイテムを購入していましたね。生地ってたくさんあるので、それだけで面白いなって感じていて。一度集めたらはまってしまい、いろいろと収集していましたね(笑)。そうしているうちに、青色の生地がきれいだと思うようになったんです」。

重本さんは日本で伝統的な染め技法の藍染めに関心が湧き、世界各地にもさまざまな藍染めがあることを知って、その奥深さに魅了されていきました。「JOURNEY FACTORY」の工房内には、当時から集めている各国の藍染めの服やアイテムが飾られています。重本さんはデニムの本場である岡山県で培った縫製技術を生かしてリメイク、リペアの専門店をオープンしました。

「1つの場所に縛られずに洋服づくりができる場所」そんな思いを込めて“旅する工房”という意味の「JOURNEY FACTORY」を屋号にしました。

「経年変化」と「容認される服」

「JOURNEY FACTORY」のようにデニムリメイクを行う会社は都内でもそれほど多くありません。重本さんは、デニムの持つ魅力は「経年変化と容認される服」であるといいます。

「デニムは時の流れとともに味が出てくるんですよね。色落ちしていくことで、さまざまな青色の変化を見ることができるし、服の変化が持ち主にとって特別なものになっていきます」。使い込んだ先に生まれる味わいに、重本さんは愛着を感じるからこそ、経年変化を考えてつくられているデニムに魅力を感じています。

そして「デニムは、どのような場面でも受け入れられる服であるということが面白いと思っています。カジュアルなトップスであったり、ジャケットで合わせたりと、カジュアルからキレイめなコーディネートまでさまざまな着こなしができます」と重本さん。万能な服であり、汎用性の高さを生かしてデニムに特化してリメイク・リペアサービスを行っています。

カウンセリングに時間をかける

普段から人を観察することが好きな、重本さん。「人の歩き方や話し方など何気ない動きから、どのような人なのかを想像するのが好きなんです(笑)。人を観ているのって、飽きないんですよね」と話します。日頃から一人ひとりの行動や言動からその人の本質に迫ろうとする重本さんは、仕事においても依頼主を理解するカウンセリングの時間を大切にしています。

ヒアリングの時間は、最低1時間。リメイクやリペアをするにあたって、依頼主がなぜ直したいのか、預けられるデニムにはどのような歴史があるのかなど、好みの形やデザインなど依頼主の欲しい形にしていくために、思いをしっかり聞き取ります。そこからラフを描いて使用する生地を決め、イメージを固めたら依頼主に提案して製作をしていきます。

「服など身に着けるものって他人にどう見られたいかという思いが表れるものだと思うんです。だから、お客様がどう見せたいのか、どうなりたいのかということを大切にヒアリングしています。そのうえで、お預かりする生地や生地からにじみ出ている味などのいい部分を残してきれいに仕上げるために、一針一針ていねいに作業します」。

「私がいいと思ったものは提案はしますが、それは決してお客様にとって欲しいものやいいものであるとは限りません」と話す重本さん。依頼した人が求めているものをカタチにできるよう、自身の個性をあえて消して作業にあたっているのだそうです。

奥深いデニム① 縫い方で時代がわかる!?

デニムの縫製は、かつてミシン1台で全ての工程を行っていた時代もありましたが、現代では裾上げなど特定の縫製に特化するミシンを使い分け、複数台使用してデニムを縫っています。

縫い方を見ると、デニムがどの年代でつくられたものなのか大体わかると重本さんはいいます。例えば、アメリカを拠点とするジーンズメーカーの『Levi’s(リーバイス)』。ジーンズに詳しくない人でも一度は聞いたことがあるであろう有名メーカーですが、時代背景がわかるようなモデルを展開をしていて、モデルチェンジをする移行期などは縫い方にも違いがみられるので、年代がわかるのだそうです。

奥深いデニム② 多数の糸を駆使した、色再現

工房の作業スペースの壁面には、多数のカラフルな糸が並んでいます。一見、同じ色に見える糸もあります。お直しやリメイクは、元のデニムの色味を再現するために5~6種類もの糸を駆使して色再現を行っています。元の生地に馴染ませるための調整は、「正直、感覚によるところが大きい」と重本さんはいいます。「印刷業界などで用いられるCMYKという色表現の手法は、シアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの四色を混ぜて幅広い色を再現していくものです。デニムも同様に、どのように糸を足していくと生地に合った色再現ができるのかを考えていきます。ものによっては、7色程度使用することも。組み合わせる糸の種類が多すぎると硬くなってしまうので、最小限の糸で仕上げていくようにしています」。

また、糸は色の種類だけでなく太さも種類があるようです。「縫う箇所に応じて太さを変えたりします。6番手、20番手、30番手というように、同色でも各種太さの異なる糸を揃えてどのようなデニムにも対応できるようにしています。これまで、糸だけで数百万円費やしているんじゃないですかね(笑)」と重本さん。依頼に合ったリメイクやお直しを追求するために、複数の縫製糸メーカーから糸を仕入れ、糸を使い分けています。「海外や東北、関東、中部、中国地方など糸の特性を生かしています。国内だと岡山県にある『烏城(うじょう)物産』さんはヴィンテージデニム用のマニアックな糸も制作していることで有名ですね。

重本さんは、一つひとつの依頼に徹底して向き合って製作しています。

天然素材だから、ケアは大切に。

デニムを手に入れたら気になるのが、お手入れの仕方。経年劣化を楽しみたいけれど、洗濯をしてしまってよいのだろうか、できるだけ洗わずにデニムの変化を見ていきたい……と思っている人もいるはず。生地を傷めることなくきれいに洗い上げるためには、洗剤が大事だと重本さんはいいます。おすすめは「液体の中性洗剤で洗うこと」なのだそう。

中性洗剤は衣服に与える影響は少ないものの洗浄力は弱く、赤ちゃんの服やおしゃれ着の洗濯に向いています。一方で、弱アルカリ性の洗剤は衣服には多少影響を与えますが、洗浄力が強くなっています。そのうえで、液体より粉の洗剤のほうが化学変化が起きて色が落ちやすくなるのだそうです。

「デニムははいていくと伸びていきます。そうなると、生地に隙間が出来て薄くなり、破れやすくなります。また洗わずに着用を続けると着ている人の汗や皮脂によって菌が繁殖しやすくなっていき、生地の劣化につながります。通常のデニムは綿などの天然素材でできているものですから、直し屋としてはケアをして永く履いてほしいという思いはありますね」。

デニムはケアをしていれば何十年も長持ちさせることも可能になるのだそう。重本さんのお話を聞いていると一本一本のデニムを大切にしていこうという思いになります。

https://www.journey-factory.com

Interviewer Akki/Writer Asuka/Photographer Daiki